「語根で覚える受験英単語」(イケタン)語根apt「適した、適切な」

語根 apt「適した、向いている」

上の写真のものを見たことあると思いますが、アダプター(adapter)といいます。これは、カメラや録音機器などとその付属品との間に装着して両者を連絡、調節する機器です。

adapter=ad(~へ)+apt(適した)+er(もの)で、あるものを適合した状態に向けるものです。

ターゲット語 0046 adapt「順応させる、適合させる。

派生語          0047 adaptable「順応できる」

派生語    0048 adaptation「順応、適合」

adapt=ad(~へ)+apt(適した)で、あるものを適合させる。順応させる。

adaptable=adapt+able(形・~できる)で、適合できる。

adaptation=adapt+tion(名詞)で、適合。

ターゲット語 apt「~しやすい」

apt自体もターゲット語で、be apt to Vで「Vしやすい」という意味です。すでに適した状態にあるので、行為に及びやすい状態です。必ずしもい意味で使うことは少なく、むしろHe is apt to forget people’s names.「彼は人の名前を忘れがちだ」のように、適合者であるがゆえに油断が生じて、ありがちな失敗をしがちだという風に変化したのかもしれない。

ここで、2つさらに単語を紹介しましょう。aptitude「適正、才能」と、attitude「態度」である。前者は英検1級レベルの単語なので、ほとんどの受験単語帳にはでていません。わたしもイケタンにはのせていません。しかし、この2つの単語はかなり似ています。pがあるかないかです。語源を調べると、ラテン語がイタリア語経由でaptitudeからattitudeが生まれたようです。

aptitude=apt(適した)+itude(状態を表す名詞)で、適した状態で「適正、才能」となった。

attitude=att(適した)+itude(状態を表す名詞)で、才能のある人・適任者の態度が堂々としているところから、適任者→素晴らしい堂々とした態度→「態度」のなったのでしょう。

受験生は、attitudeは必ず覚えてください。でも、すでにaptitudeも覚えてしまいましたね。

注意 語源については、根拠に基づいてはいますが、主観的な脚色はお許しください。あくまで、単語を暗記することが目的です。