クイズレットで一人で英会話

ILE池田塾の英語はLLを用いた英語指導を30年以上実践してきました。LLの勉強は今では使わなくなりましたがカセットテープを使って英語の音声練習をする装置です。以前は入りいろな教材がありましたが、今ではすっかり見なくなりました。英語の教材と言えば今ではCDで勉強するのが狩猟ですが少し前まではカセットテープの教材しかありませんでした。

昔から英語の勉強はカセットテープやCDを聞いて一人で独学するのが基本です。そこで当池田塾が推薦するべ勉強法がQuizletを使った英語勉強法です。

LL教室だからわかる音声指導の重要性。いまさら言うまでもありませんが英語は「聞く・話す・読む・書く」の4技能を養成するよう言われますが、池田塾では過去30年間のLL授業で音声指導の効果は過去の数々の実績で証明されております。英語だけは30点以上取れないんですとあきらめて池田塾に来た生徒さんはほぼ100%20~30点成績が向上します。しかし英語塾とは言えこれからはテストのための英語ではなく、使える英語指導が求められております。

使える英語とは何でしょうか。私は使える英語とは発話能力と定義します。世間でよく言うようにに使える英語=英会話ではないと考えます。中学・高校で学ぶ英語を英会話の勉強ととらえるのは、いささか短絡的ではないでしょうか。IT社会の中で英語のリテラシーは英会話(対面して会話する)よりも、英語で書かれた文章を速く正確に理解したり、自分の考えを英語で書く力が圧倒的に求められます。もちろんグローバル化の流れの中で、異文化コミュニケーションを楽にするツールの登場には目を見張るものがあります。英文を読んだり書いたりする場合でも翻訳アプリがありますし。基本それらに頼ればいいと思いますが。ウェブ上であろうが、フェイストゥフェイスであろうがコミュニケェーションに置いて一番求められる能力は発話能力と考えます。従って英語4技能で一番力を注ぐべきは英作能力と考えています。学習塾の一番の目的が学校の勉強や受験である以上英語塾とは言え、英会話に走るのは学習塾の本質から外れるのではないでしょうか、ですから結果的に教科書を使って使える英語江尾北得るにはどうしたらいいかということに集約されます。学習塾に通う生徒に新たに英会話の教材を使うより教科書を学びながら、なおかつ使える英語が身に着くようにすべきと考えます。従って池田塾では教科書の範囲内でLLという機械を使い英語の4技能の育成に地下エアを注いできました、その結果当塾に通う生徒は例外なく学校の定期テストでは優秀な背席を収めております。しかも、その中で英検の実績は素晴らしいものがアt理ます。中学校卒業までに英検3級の取得率は中学3年生の取得率に比べはるかに高いと自負しています。もちろん年度にもよりますが、私自身は全員合格をmw座していますが、池田塾の中3生の英検3級取得率は50%以上になります。中には準2級に合格する生徒もめずらしくありません。

さて、池田塾では私が病気で倒れる前から2015年くらいからICT化しておりますが、最初はパソコンを10台購入したものの、どう使いこなすか迷っておりましたが、Quizletに出会ってからは、LLを使うのをやめQuizletの音声機能を利用して徹底的に、口頭練習をさせ、ディクテーションで英語を暗記させているので結果的に、キーボードは上手になるし、英語も簡単に暗記できるし、以前に比べはるかに英語の4技能向上に役立っています。正直に言うと私はクQuizletに出会ったとき、この素晴らしいアプリを誰にも教えたくありませんでした。なぜなら他の塾がまねしてほしくなかったからです。Quizletのすばらしさをまとめました。

Quizletのここがすごい。

1.自分で作った教材を生徒に勉強させることができる。著作権の関係があるので詳しくは言えませんが。業者が作った教材では、必ずしも意図する内容を始動できない場合が多い。

2、自塾のオリジナリティーを維持できる。出来合いの教材をただひたすら生徒にやらせるだけでは、自塾のブランドイメージが死んでしまう。しかも最近のリモート授業の勘違いから業者の映像授業を導入すればの、私塾の場合、完全にブランド力は消えてしまう。池田塾は池田徳幸がブランドであり映像も、問題もすべて自作であるため、ブランド力は落ちるどころか向上するっばかりです。塾の先生でこの記事を見っている先生がいたら絶対にやってはならないのは他人の映像授業を取り入れることです。そのきょう竿がたとえふらんちゃいずでないにしても、他人の映像授業を導入したとたんその塾は私塾ブランドゼロのフランチャイズになってしまいます。租rwどころか、どんなに素晴らしいアプリや動画を導入しても、その教材は他人が作ったものなのでいつかその塾は生徒に飽きられてしまいます。そういう意味で、絶対に映像は自分で作るべきです。Quizletはその点。先生が作った教材なので、ブランドイメージを傷つけることはありません。

3、カードアプリなので構造がシンプルで飽きが来ない。業者が作ったアプリはキャラクターがついたり、冒険もので会ったり面白く楽しめるように作ってあるがために、その文賞味期限が短い「月間英語教育にも5月号に同じような記載がありました。。以前大手が作った『まなぶ君の二の舞になります。その点Quizletはカードアプリなのでシンプルで飽きが来ません。英語の勉強なら、音声チャレンジという機能を用いればリスニング力も尽くし。すばらしい効果が期待できます。ICTを導入したのであればおこのアプリを利用しないのはもったいないです。私が最初に作った教材は、英文法定着問題集です。学習塾では定番問題集として英語の文法テキストを使っています。問題集の場合一度書き込んでしまうとそのあとは使えないし定着を図るには、問題をできるだけたくさんこなす必要がありますが、Quizletなら文法問題を一度作れば何度でも繰り返すことができる。その点業者が作った問題は、自分でカスタマイズできないというデメリットがある。私の塾では、津麦出版の「みるみるステップ」を利用しているがその問題集に合わせて先生が自由にカスタマイズできるので1冊の問題集を徹底的に定着させることができる。その上私は、文法問題に対してそれぞれ英作問題を合わせて作っている。それを集めて英作用の「語順とかたまりで英作文」というシリーズも併せて作りました例えば(LGB1-1)第1章文の種類「次の英文を否定文にせよ」E-E(パスワード1-1)の文法問題に対し

 (LGB1-1)第1章文の種類「次の日本語を英語に直せ」J-E(パスワード1-1-2)という風にセットで作っていっます。そして当塾では文法と英作がセットになっているので文法を勉強しながら英作を勉強することができるのです。今後の彼らの英語力の向上に期待しています。文法用問題集の次に作った教材は口語英語口慣れ練習用教材です。Quizletは

4、無料アプリでスマホで勉強できる。Quizletは素晴らしすぎて誰にも教えたくないので驚くほど日本では情報が少ない、先生は生徒のための教室を開設できるので有料ではあるが(と言っても年間数千円です)、生徒は無料なので父兄には間違いなく喜んでもらえます。無料版には教室制限があるため8教室しか入れませんが。すべて無料で使ってもらっています。高い金を出して業者のアプリを導入する必要はありません。

5、全教科対応。私は英語以外に理科や社会も作っておりますはっきり言ってQuizletは業者にとっては目の上のたん瘤です。Quizletが世に出れば業者のアプリは売れなくなるからです。